スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彦根で人気 不思議なゲーム「カロム」をPR(産経新聞)

2010-05-27

 滋賀県彦根市を中心とした琵琶湖の東岸地域だけに残るビリヤードとおはじきを合わせたような不思議なゲーム「カロム」を全国にPRしようと、「日本カロム協会」(彦根市)が、28日から3日間、千葉市で開かれる観光イベントでゲーム体験ブースを開設する。県外でのPRは初めて。人気キャラクター「ひこにゃん」で有名な同市だが、協会は「カロムも全国に広がってほしい」と意気込んでいる。

 彦根市でカロムは「一家に1台カロム盤がある」と言われるほど普及。4人か2人で行い、四隅に穴が開いた正方形の盤上で、玉を指で弾いて落としあうゲーム。協会によると、12~13世紀ごろ、エジプトで「カエラム」というゲームが誕生。英国や米国、インド、中国などに広まり、日本には明治初期に宣教師が持ちこんだとされるが、今では盛んなのは滋賀県の一部だけ。

 協会はこれまで彦根市内で、毎年約600人が参加する日本選手権大会を開くなど普及活動。県外での宣伝活動はしてこなかったが、今回彦根青年会議所が音頭をとり、初めて県外イベント参加を決定した。

 参加するのは、日本青年会議所などでつくる実行委が企画する「日本観光博覧祭旅フェア2010」。28~30日の3日間、千葉市の幕張メッセで開かれ、全国各地の観光団体や自治体などが集まり、首都圏の人々に「お国自慢」をする。この中で、協会はカロムを楽しめる体験コーナーを設置、メンバーがルールや歴史を説明したうえで来館者と対局するという。

 国内には「キャロム」や「闘球盤」といった名前でルールの似たゲームが残るという説もあり、由来には謎も残っているが、協会の奥居聡会長(54)は「全国PRを機に情報交換が進めば、カロムの歴史解明の一歩につながるのでは」と期待している。

【関連記事】
ひこにゃん有料化で使用料3%に決定 彦根市
鳩山首相と会う前に…EU大統領、ひこにゃん歓迎に笑顔
「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問
年10億円の人気キャラ、「ひこにゃん」使用に手数料
彦根市長が滋賀県知事提訴 ダム建設中止めぐり
虐待が子供に与える「傷」とは?

事業運営権の創設で新方式=PFI法を改正へ―内閣府(時事通信)
ワニ料理 不登校直した家族旅行を店名に 愛知で開店へ(毎日新聞)
首相は「県民の思いを勉強する」と理解を求めた 普天間飛行場の辺野古移設案で(産経新聞)
<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
<警察犬>「アボイン」3度目の挑戦で合格(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。